BOTANIST SKINCARE EVERの口コミが衝撃?毛穴と乾燥肌を改善する3つのポイントとは?

BOTANIST SKINCARE EVER公式サイトのイメージ画像

 

肌の乾燥やくすみ、毛穴などのトラブルで悩んでいるのであればBOTANIST SKINCARE EVERがおすすめです。

 

このBOTANIST SKINCARE EVERはクレンジングと美容液がセットになっている商品で、クレンジングは肌に必要な皮脂は残しながら汚れだけを一掃。

 

加えて、美容液は肌の保湿力を高めてくれる成分がギュッと凝縮されています。

 

だからこそ、毛穴が目立たない肌になることができて、その上グングンうるおう。

 

嬉しい効果を発揮してくれます。

 

毛穴や乾燥肌、様々な肌トラブルで悩んでいるのであれば、ぜひBOTANIST SKINCARE EVERを使ってみてください。

 

矢印

BOTANIST SKINCARE EVER公式サイトへのボタン

 

BOTANIST SKINCARE EVERのネット上の口コミを解説

ここからは、BOTANIST SKINCARE EVERのネット上の口コミを解説していきます。

 

できるだけ情報に偏りが出ないように良い口コミばかりではなくて、悪い口コミもきちんとご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

公式サイトの口コミ

30代女性の口コミ

肌にしっかりと馴染む感じがありました。スーッと浸透している感じがし、メイク前に使ったら、化粧のノリも良かったです。

引用元:69%OFF!BOTANISTスキンケアEVERをお得にはじめませんか?毛穴・くすみでお悩みの方に。 I BOTANISTオフィシャルサイト 【ボタニスト】

 

そうなんです。BOTANIST SKINCARE EVERに配合されている成分は単なる保湿成分ばかりではないんです。

 

線維芽細胞という肌の保湿・ハリパワーを司る細胞を活性化させてくれる。

 

そんな成分がギュッと凝縮配合されているからこそこちらの女性のようにメイク前にBOTANIST SKINCARE EVER使ったら今までにないくらいの化粧のノリ、肌の調子の良さを実感できるようになっているんです。

 

年齢のせいで肌が今までと変わってきた・・・

 

という気持ちを抱えているのであれば、ぜひBOTANIST SKINCARE EVERを使ってみてください。

 

今までと違うハリやうるおいの効果に驚かされるはずです。

 

矢印

BOTANIST SKINCARE EVER公式サイトへのボタン

 

BOTANIST SKINCARE EVERの価格を比較

BOTANIST SKINCARE EVERの価格を比較した結果をお伝えします。

 

結論から言うと、最安値は公式サイトです。

 

というのもBOTANIST SKINCARE EVERはまだ発売して間もないこともあってか公式サイト以外では販売されていませんでした。

 

一応、今回調べたのが楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングだったのですが、そういったところでは特別取り扱いはなし。

 

結局、必然的に公式サイトが最安値ということになりました。

 

ですが、その事実を抜きにしても公式サイトで購入するとかなりのメリットがあります。

 

以下のような特典がついているからです。

 

定期初回1,980円
2回目移行も10%OFFの5,830円
初回30日間返品保証

 

グロウクレンジングバームとグロウセラムがセットになっていて、この価格ならかなりお得感が高いです。

 

それに加えて、定期縛りがないのでいつでも好きなタイミングで電話一本で解約の申請ができるというのだからメリットが大きいですね。

 

それらのことを加味すると、BOTANIST SKINCARE EVERは公式サイトの定期コースが一番お買い得です。

 

矢印

BOTANIST SKINCARE EVER公式サイトへのボタン

 

BOTANIST SKINCARE EVERの成分や効果、使い方と安全性を解説

BOTANIST SKINCARE EVERの成分と効果、使い方や安全性について解説していきます。

 

肌トラブルの原因はバリア機能の低下

年齢とともにひどくなってくる肌トラブル。

 

その原因は色々あるといわれていますが、一番大きいのは肌のバリア機能の低下と言われています。

 

このバリア機能の低下が肌の状態を異常な状態に導いてしまいます。

 

簡単に言うと、肌の皮脂と水分のバランスが不安定で、水分が肌の外に逃げ出してしまうことになるんです。

 

その結果、キメが乱れた肌になり毛穴が汚れた肌になってしまいます。

 

だからこそ、肌ケアにおいていちばん大切なのは、落とすケアと与えるケア。

 

必要な皮脂は残したまま、汚れをしっかりと落とす。

 

それと同時に潤いを与える。

 

この2つのバランスが非常に大切となってきます。

 

そこで、BOTANIST SKINCARE EVERは、肌に必要な皮脂はしっかりと残しつつメイクや毛穴汚れは落とす。

 

それと同時に先進美容成分配合で肌にしっかりと潤いを与える。

 

この2つを実現しています。

 

そんな、理想の効果を実現してくれているのが以下の成分配合となっています。

 

成分配合

BOTANIST SKINCARE EVERは以下の成分を配合していて、しっかりと肌にうるおいを与えてくれます。

 

エゾノチチコグサ

エゾノチチコグサは絶滅危惧種とされている植物です。

 

そのエゾノチチコグサを培養した幹細胞培養エキスを配合しています。

 

そして、エゾノチチコグサには以下のような効果が期待できるとされています。

 

エゾノチチコグサカルスエキス処置により、線維芽細胞の機能向上に関与する遺伝子の発現上昇が確認された。加齢に伴う真皮線維芽細胞の増殖能やコラーゲン産生能の低下が、肌のしわ・たるみの発生と密接に関係していることから、エゾノチチコグサカルスエキスは、線維芽細胞の機能向上を担う抗老化化粧品素材として有用であると考えられる。

引用元:エゾノチチコグサカルスエキスの化粧品原料としての有用性の検証

 

ちょっとむずかしい文章が書かれていますが、要するにエゾノチチコグサの成分は肌の内部の真皮線維芽細胞を増やしてくれる効果が期待できます。

 

線維芽細胞には、

 

真皮線維芽細胞は皮膚の真皮にある細胞で、肌を構成する3大要素である、コラーゲン線維、エラスチン、ヒアルロン酸を生成します。

引用元:美肌を作る真皮線維芽細胞|肌のコラーゲンを作り出せる唯一の細胞について | 医療法人 再生未来

 

このように、肌の潤いやハリを保つための重要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促してくれる効果が期待できるとされています。

 

つまり、エゾノチチコグサの成分が肌が本来持っているハリ・保湿力を蘇らせてくれるという、とても魅力的な効果を肌にもたらしてくれるんですね。

 

だからこそ、BOTANIST SKINCARE EVERを使用した多くの女性が今までにないほどの肌のうるおい効果に驚かされているんですね。

 

ボタニカルメソッド成分

また、以下のボタニカルメソッド成分を配合しているのも魅力の一つです。

 

カモミール

カモミールは、別名カミツレ花エキスと、いわれる成分で、BOTANIST SKINCARE EVERのクレンジングの方に配合されています。

 

効果としては以下のとおりです。

 

カミツレとは、ジャーマン・カモミールの和名。ヨーロッパでは今でも各家庭に常備されているハーブです。肌の荒れを鎮め、乾燥を防ぎ保湿の効果が期待されるハーブとして有名です。

引用元:秋の夜長のまどろみ湯.pdf

 

このように肌荒れを鎮めて、乾燥を防いで、保湿してくれる効果が期待できる成分。

 

この、カモミールの成分が配合されているからこそ、クレンジングで汚れを落とすと同時にうるおい美肌に導いてくれる、そんな嬉しい効果をもたらしてくれるんですね。

 

ローマンカモミール

また、ローマンカモミールという成分が配合されているのも、魅力の一つです。

 

この成分は、別名ローマカミツレ花エキスと言われる成分で、以下のような効果を発揮してくれるといわれています。

 

キク科植物ローマカミツレの花から抽出して得られるエキス。黄褐色の透明な液体。 アマズレン、カフェ酸、フラボノイド類が成分として含まれます。消炎効果、抗菌効果、皮膚代謝促進効果があり、肌荒れ防止を目的とした製品に使われます。

引用元:ローマカミツレ花エキス | 鈴木ハーブ研究所

 

このように肌の炎症を抑えてくれて、穏やかな肌に導いてくれる効果を発揮してくれる重要な成分です。

 

ジャスミン

このジャスミンは、別名ソケイ花エキスと言われる成分で、

 

オオバナソケイ花エキスジャスミンの一種であり、その花から抽出したエキスであり、敏感肌の改善にも効果が期待できる

引用元:成分一覧 | フルーツルーツ

 

このように、敏感肌を落ち着かせてくれる効果が期待できる重要な成分です。

 

ブドウ

ブドウは乳酸桿菌ブドウ果汁発酵液といわれていて、肌の調子を整えてくれる効果を発揮してくれます。

 

乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液ブドウ(シャルドネ)果汁を基質として、乳酸桿菌Lactobacillusで発酵した後、ろ過して得られる液。保湿作用のほか、しわ改善効果、皮膚弾力性向上効果が期待されます。スキンケア化粧品に用いられています。

引用元:成分一覧 | 無添加主義 ハーバーの公式オンラインショップ

 

このように、保湿作用、シワ改善効果で、ハリのある肌に導いてくれるのが特徴です。

 

セイヨウナシ

セイヨウナシの成分は、別名セイヨウナシ果汁発酵液と言われる成分で、

 

セイヨウナシ果汁発酵液とは、西洋ナシ果汁を乳酸菌で発酵させた成分です。皮膚の角質層の結成力を弱める作用があると言われダメージで硬くなった肌を柔軟に導いてくれますさらに、代謝を促す“リンゴ酸・クエン酸”、肌のバランスを整える“ミネラル”、水分を保持する“遊離アミノ酸”、保湿に働くポリフェノールの“タンニン”が含まれており、柔軟になった肌に相乗効果で栄養を届けターンオーバーの促進、皮膚弾力、保湿等の作用が期待できます。

引用元:セイヨウナシ果汁発酵液

 

このように、肌のターンオーバーの促進、弾力改善、保湿効果など、肌に嬉しい効果をたくさん届けてくれる重要な成分ということができます。

 

ローズヒップ

ローズヒップは、カニナバラ果実油といわれる成分で、

 

カニナバラ果実油(ローズヒップ)の特徴をご紹介します。大量のビタミンCを含む。ビタミンCが美白に効果があるのは有名です。酸化を抑制して肌トラブルのもとを軽減が期待されます。ローズヒップオイルのビタミンCの量はレモンの20倍と言われています。90%が美容成分であるため非常に美容効果が期待される。ビタミンCをはじめ、リノール酸やリノレン酸という肌の肌の活性化を促進する成分が入っています。保湿やアンチエイジングなど、どれも肌にハリを出してくれる効果に期待できる成分です。

引用元:カニナバラの果実油(ローズヒップオイル)とは | ≪公式≫plusui(プラスイ)カニナバラの果実油(ローズヒップオイル)とは | ≪公式≫plusui(プラスイ)

 

このように、高い美白効果が期待できる成分です。

 

保湿効果やアンチエイジング効果が期待できるのも嬉しいポイントですね。

 

ビルベリー

ビルベリー葉エキスといわれる成分で、

 

ビルベリー葉エキスは、この線維芽細胞を増やすのを助ける作用があるので、シワやたるみ、乾燥に効果的であるといえます。(中略)ビルベリー葉エキスは、ヒアルロン酸が作られるのを助ける作用がありますから、乾燥対策や肌のハリ・しなやかさを保つのに効果的であるといえます。(中略)ビルベリー葉エキスは、この抗酸化物質・グルタチオンが作られるのを助ける作用があります。

引用元:癒し系アミノ酸・GABAとビルベリー葉エキス - フェイスマスク研究所|フェイスマスク ルルルン【公式】

 

このように、前述のエゾノチチコグサと同様に、線維芽細胞を増やしてくれる効果が期待できるので、肌の潤いやハリアップの効果が期待できる成分です。

 

アロエベラ

アロエベラ葉エキスといわれる成分で、今までご紹介してきた成分と同様に、高い保湿効果が期待できる成分です。

 

アロエベラ葉エキスは、肌の奥にある線維芽細胞に働きかけ、お肌のハリを保つコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果もあります。(中略)ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌・抗菌し、できてしまったニキビの炎症を抑える効果もあります。

引用元:保湿効果抜群!ルルルンのアロエベラ葉エキス - フェイスマスク研究所|フェイスマスク ルルルン【公式】

 

このように、このアロエベラエキスも線維芽細胞に働きかけてくれるので、うるおい溢れる肌に近づく可能性が高まります。

 

エイジングケアアイテム

また、以下のエイジングケアアイテムを配合しているのも嬉しい特徴の一つです。

 

エルダーフラワー

このエルダーフラワーは、セイヨウニワトコ花エキスと言われる成分で、以下のような効果をもたらしてくれるといわれています。

 

セイヨウニワトコエキス 肌荒れやしわ防止にすぐれ、キメの整った若々しいお肌をキープ する働きや、ホワイトニング効果もあります。

引用元:サイトタイトル不明

 

このように、年々衰えてくる肌を支えてくれるサポートの効果を発揮してくれる嬉しい成分です。

 

マロニエ

マロニエエキス、別名セイヨウトチノキ種子エキスと言われる成分で、

 

[化粧品成分表示名称]・セイヨウトチノキ種子エキス[医薬部外品表示名称]・マロニエエキス(中略)化粧品に配合される場合は、抗炎症作用 収れん作用 血行促進作用 紫外線吸収作用皮膚タンパクの糖化阻害作用 MYH2産生促進による抗くぼみ作用

引用元:セイヨウトチノキ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン

 

このように、肌の炎症を抑えてくれたり、紫外線による被害を軽減してくれたりと嬉しい効果をもたらしてくれる重要な成分です。

 

パッションフルーツ

また、BOTANIST SKINCARE EVERには、パッションフルーツの成分も配合されています。

 

パッションフルーツオイル(クダモノトケイソウ種子油)(中略)南国フルーツの代表、パッションフルーツの種子から採れるコクのあるオイル。組成の約7 割がリノール酸などの必須脂肪酸で保湿性に優れています。肌になめらかな感触を与え、クレンジング時の摩擦や刺激をやわらげます。

引用元:パッションフルーツオイル(クダモノトケイソウ種子油) | THREE(スリー)

 

このように、パッションフルーツの成分はクレンジングのときの摩擦や刺激を和らげてくれるので肌のダメージを最小限にして汚れを落とせるようになります。

 

ラベンダー

ラベンダーは別名、ラベンダー花エキスと言われていて、

 

〈ラベンダーの効能〉・抗炎症作用 皮膚の炎症を鎮めます。日焼けをしたときに、火照ったお肌を落ち着かせます。  ・抗菌作用  菌やウイルスからお肌を守ります。防虫にも効果があると言われています。  ・皮脂バランスの調整作用  皮脂のバランスを整えて、ニキビや吹き出物などの肌トラブルからお肌を守ります。

引用元:ラベンダー花水〈植物ウォーター〉 - 【luamo-ルアモ-公式ブランドサイト】いつも守る。ずっと守る。ナチュラルで心地よいものを求める女性に。

 

このように、肌の荒れを抑えてくれる効果が期待できるとされています。

 

また、ニキビや吹き出物に対するガード効果が期待できるというのも嬉しい満足ポイントですね。

 

シャクヤク

シャクヤクには、肌の炎症を抑えてくれる効果が期待できるとされています。

 

シャクヤク根エキスは、シャクヤクまたはその近縁植物の根などから抽出して得られるエキスです。皮膚の炎症を抑え、血行促進効果があります。また、チロシナーゼの作用を抑えるガロタンニンが含まれており、美白効果もあります。

引用元:>【シャクヤク根エキス】 ヒアルロン酸配合スキンケアのお店 アイラボコスメ

 

このように、皮膚の炎症を抑えて、血行を促進してくれる効果が期待できます。

 

また、美白効果も期待できるとされているので、白く美しい肌に近づくことができるといわれています。

 

使い方

BOTANIST SKINCARE EVERの使い方はとても簡単です。

 

まずはクレンジングで優しく毛穴の汚れをオフしたあとに、美容液の方を適量手にとって優しく顔全体に塗り拡げる。

 

気になる部分には優しく塗り伸ばしてあげて最後に10秒間ハンドプレスしてあげればOKです。

 

これだけの高い効果が期待できる成分を配合しておきながら、使い方がとってもシンプルっていうのも注目すべきポイントの一つですね。

 

安全性

もちろん、BOTANIST SKINCARE EVERは肌に直接塗布するものなので、安全性にも徹底的にこだわっています。

 

パラベン
アルコール
フェノキシエタノール
合成着色料
鉱物油

 

これらの添加物を配合しない安全設計でつくられているため肌荒れや副作用を起こす心配なく安心して使い続けられるようになっています。

 

矢印

BOTANIST SKINCARE EVER公式サイトへのボタン


このページの先頭へ戻る